両親に喜ばれるプレゼント選び|最適な探し方をご紹介

内祝いの適切な時期と相場

箱

人生の中には、出産や入学や成人式、結婚といった祝い事があり、それらは内祝いといわれます。その名の通り、内(自分のところ)のお祝いという意味で、喜びの気持ちを祝い品という形で周りに分けて、一緒に喜び祝ってもらうというのが内祝いの本来の意味になります。しかし、現代では内祝いとは慶事に貰ったお祝いへの返礼品という捉え方が一般的になっています。そんな祝い事の中には、生後初めて迎える初節句というものがあります。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句といいます。昔は節供といって、節目となる日に神様にお供えをして無病息災を願う日でした。桃の節句には菱餅や草もち、端午の節句にはちまきや柏餅をお供えし、子供の健やかな成長を願う日で今もその風習は受け継がれています。初節句の時には親戚や知人を招いて、縁起物のご馳走でおもてなしをし、お祝いで様々な飾りや現金をもらうこともあるでしょう。そして、内祝いのお返しはどうしたらいいのか悩むこともあるでしょう。まず、初節句の内祝いのお返しというのは、基本的にそのお祝いの日から1週間以内とされています。遅くても、桃の節句であれば3月中、端午の節句であれば5月中にお返しすると良いでしょう。内祝いの相場ですが、頂いたお祝いの金額(品)の3分の1から半額程度の祝い菓子を贈るのが多いです。初節句の内祝いということは、自分にとって初めてのことで不安もあるかと思います。しかし、お祝いをしてくれた相手に失礼があってはいけません。初節句が近づいてきたら、内祝いの準備も早めにしておくと良いでしょう。